タラの煮付け

今日も空には雪が舞い、寒い日が続きますが
魚偏に雪と書いて「鱈」 
たらと読みます。

文字通り、雪の降る冬が旬のさかなで
鍋の具財などに使われる他
たら子、白子も美味であり

たらの身はでんぶの原材料としても
使われています。



今回ご紹介するのは
私の得意料理
たらの煮付けでございます。

昔から伝わる田舎料理なのですが
若い人達にはなかな作れません
また、年配の方々でも
たらの煮付けはむずかしいとおっしゃいます。



私にしてみればなにも、むずかしい事はなく
簡単なだけなのですが

高級料理店では味わう事ができない
庶民の味、田舎の味です。

入荷のない日もあり
値段も時価となりますが

越後長岡ふるさとの味を
守り、伝えるためご注文があれば
ご用意いたします。

ご注文こころよりお待ちしております。