鯛の姿焼き

今月前半に赤ちゃんが生まれたので
鯛の姿焼きをお願いしたいという
ご依頼がございました。

鯛の姿焼き

「鯛の大きさにより時価となりますが
おおむね3000円~6000円税別になります。
写真は6000円税別の鯛の姿焼きです。」

帯明き(おびやあき)の際に
鯛(たい)を一匹姿焼きにして
みなさんでお祝いです。

鯛(たい)は語呂合わせで
おめでたいの(たい)です。

また、写真の鯛(たい)の手前に
昆布巻き、また奥の方に二色玉子を
あしらってみました。
こんぶは、よろこぶ、
二色玉子は錦玉子とこれもまた
おめでたい言葉にかけています。

おびやきは
赤ちゃんを産んだ母親の実家が主催者となり、
先様に赤ちゃんをお披露目し、仲人、産婆さん親戚を招き、
母親の労をねぎらい祝福する、新潟県特有の
伝統行事です。
古くは、婆さ振る舞い(ばさぶるまい)ともよばれ
赤ちゃんが生まれ、お婆ちゃんとなった女性の
うれしさが伝わる行事です。


赤ちゃんを産んだ母親は実家に里帰りし、静養する事が多く、
ご実家に料理を届けてもらったり、
料理店を借りてお祝いをします。

今は正式な決まりがなく、
おびやきのスタイルも様々です。
鯛の姿焼きをつけなければならないという
決まりもありませんが
お祝いで鯛の姿焼きのご依頼がございましたら
料理・仕出し 杉乃栄におまかせ下さい。